Webライターなんてやめとけ?私60才Webライターですが何か?

仕事

私は現在60才。昨年、15年勤めたコールセンターの仕事を辞め「クラウドワークス」でお仕事をするようになりました。現在は、

  • 「クラウドワークス」での案件
  • 「クラウドワークス」で知り合った方からのお仕事
  • ブログ運営(3つ)

で暮らしています。また去年は「AdSense」も合格したし、合格率5%と言われる「Webライター検定3級」も取得することができて、自分でもびっくりしています。

最近「Webライター」なんてやめとけ!という声もあるようですが、私にとっては新しい人生のきっかけになった「Webライター」。

今回は、シニアの私が実際やってみて感じたことを率直にお伝えしようと思います。是非参考にしてください。

この記事を書いた人
  • クラウドワークス Webライタースキル検定3級合格
  • クラウドワークス評価 5.0
  • プロジェクト完了率 100%

Webライターをやってみて感じたこと

Webライティングは「時代の仕事」

私は今までいろいろな仕事をしてきました。その経験を通して確信していることは、「稼ぐにはその時の時流に合った仕事をすることです。

現代は、老若男女スマホを使って何でもネットで調べる時代です。つまりネット上の記事を書ける仕事は、今や時代の花形なのです。

この波に乗ることができて良かったな~と思っています。

自分の経験を活かせる

ネット上にはいろいろな記事が存在します。

テーマや内容については、クライアント(仕事をくれる人)の意向にそって執筆しますが、 自分が経験したことであればスラスラと詳しく書けますよね?

「人に誇れるようなことなんて何もないよな..」と思っていたけど、だてに長く生きているわけじゃない!

ライティングの仕事は「今まで自分が経験したことが何一つ無駄にならない」と感じました。

Webライターに年齢はあまり関係ない

ライティングの仕事は「誰に向けて書くか」が大切なので、相手の心にささる文章が書ければ年齢はそれほど重要ではありません。

若い方ならトレンドを意識した面白い記事が書けるでしょうし、シニアであれば人生経験を活かした奥深い記事が書けるはずです。

「やってみよう!」と思った時が始めどきですよ!

好きな時間と場所で仕事ができる

コワーキングスペース

Webライターを含め在宅の仕事の良いところは、自分のライフスタイルに合わせて時と場所を選ばないことです。パソコンやスマホがあればいいんですから。

私はその日のお天気によって「今日は雨だから1日仕事をしよう」とか「半日、庭仕事しよう」など決められるのは有り難いです。

とはいえ仕事の納期は絶対守らなければいけませんから、「自己管理をしながら仕事の段取りを組む」ことができれば楽しい仕事です。

ブログ作成に役立つ

https://kinyan.net

「Webライティング&ブログ運営」という組み合わせは最高です!

なぜならライティングに慣れてくると、

説得力のある文章が書けるようになる→ブログ記事の品質が上がる→収入がアップする

からです。

また、ブログは自分の経験が全て記事ネタになるので、自分がライティングのお仕事で苦労したことや、やりがい等も記事にすればきっと誰かの役に立ちますよ。

会話力があがる

私は本来、人と話すことがあまり好きではありません。だからPC相手の仕事が心地良いのかも。しかし、文章を書く仕事をしていると否が応でも、

  • 「相手にわかりやすく伝えること」
  • 「読みやすい文章を書くこと」
  • 「飽きさせないような文章づくり」

などを意識します。

「それができないのよ!」という人もいるでしょう。私も慣れないうちは何度も手直ししたし、この年になって改めて敬語の勉強もしました。

だからといって急に人付き合いが上手になるわけではないけど、少なくとも文章の言い回しや言葉のストック、また時事ネタなどに詳しくなりますよ。

子供に作文を教えられる

私は子供の頃、作文が大嫌いでした。

実際苦手な子も多いですが、聞くところによると学校のカリキュラムもゆとり教育以降、文章読解力のようなものを求める方向にチェンジしているようですね。

一昔前、試験問題が◯✕式の頃は「記憶力」があれば回答できた問題も、記述式のテストが増えるということは、そもそも問題の意味がわからなければいけないんです。

今の子供たちは大変ですね。

Webライターの仕事をするようになって「文章が書ける」っていうのは立派なスキルなんだな~と思うようになりました。

我が家はもう子育ては卒業しましたが、文章を書くのが得意なお母さんなら子供さんに作文の書き方を教えられるかも!

やればやるほど実力がつく

「仕事」は大きくわけて2種類あります。いわゆるその場限りの「作業」と、やればやるほど実績を積み重ねていける「仕事」。

Webライターは後者で、記事を納品するごとに力がつき評価が上がれば収入に反映しますし、実績がつけば仕事を選べるようにもなります。

私が「Webライター」の仕事が楽しいと思えるのは、「成果が目に見えるから」なんです。

回りからも評価される

最近、国が副業を奨励しているのはなぜだかご存知ですか?

高齢化社会が進んでいるのに国に十分な保障をするためのお金がないから、「自分のことは自分でなんとかしなさいよ」って事です。

「Webライター」のように何歳になっても稼げるスキルを持っていることは、人から見てうらやましく思えることなんです。

Webライターに国家資格のようなものはありませんが、民間の資格や経験があれば履歴書に堂々と記載できるスキルだと思います。

「Webライター」 という肩書があるだけで人はあなたの事を一目置くはずですよ。

Webライターに向き不向きはある?

私の実感ですが、Webライターに向き不向きはあると思います。

Webライターに向いている人の共通点

家にいるのが好き

Webライターのお仕事は主に自宅でPCと向き合うことになるので、「家にずっといるのは退屈」という方には苦痛な仕事かもしれません。

私みたいにインドア派で「ず~っと猫と一緒にいたいよ~」という人にはぴったりのお仕事ですよ!

本を読むことが好き

Webライターの仕事=「文章を読む」のが仕事だと言っても過言ではないでしょう。なぜなら、

  • ライティングの技術を学ぶために本で勉強する
  • 執筆の情報収集のための文献を読んだりニュースをリサーチする
  • 書いた記事を何度も読んで誤字脱字やおかしな言い回しなどをチェックする

など文章とにらめっこする仕事だからです。

「読書が趣味」という方ならインプットされている情報が多いので、あとは記事としてアウトプットするだけなので有利ですよ。

パソコン作業が好き

そもそも私が「Webライター」に興味を持ったのは、パソコンをいじるのが大好きだから。

とはいえ出来たのは文字入力程度で、プログラミングなどの高度なスキルがあったわけでありませんが、「必要にせまられて作業をする」のと「パソコン作業が好き」というのではモチベーションが違いますよね。

記事の文字数も、多いもので10000字くらいの仕事もあるので、入力作業が好きでないと辛い仕事になるかもしれません。

一人でいることが苦痛ではない

Webライターのお仕事は一人でコツコツと続ける仕事です。相談にのってくれる人はいたとしても、仲間とワイワイつるんでする仕事ではありません。

朝から晩まで一人で文字を打ち続けることを「孤独」と感じる人にとっては苦痛な仕事かもしれませんね。

Webライターの始め方【初心者】

①クラウドソーシングに登録する

初心者の方がWebライターを始めるには、「クラウドワークス」と「ランサーズ」に登録して仕事を探すのが一番の近道です。

なぜなら、どちらも大手のクラウドソーシング会社でWebライティングの仕事が圧倒的に多いからです。

私はどちらも登録しましたが、今は「クラウドワークス」だけに絞っています。

私は最初、500文字程度の短文の仕事や、文章のリライト、データ入力などでPCの仕事に慣れてから、ライティングの仕事にチャレンジしました。

まずは登録して仕事を探してみましょう!

登録方法や具体的な稼ぎ方は下記で紹介しています。「クラウドワークス」向けにまとめていますが、基本の考え方は「ランサーズ」も同様ですので参考にしてください。

登録したからといって万が一お仕事をしなくてもペナルティはありませんので安心してくださいね。

 初心者が報酬を受け取るまでの流れ
▼ 初心者でも稼げるリライト案件の見分け方

②Webライターの資格をとる

クラウドソーシングは登録するだけですぐに在宅ワークに取り組めることがメリットですが、Webライターはお給料が良いので人気が高く、始めのうちはなかなか仕事が回ってきづらい傾向にあります。

コツコツと実績を積んでいけば少しづつお仕事は増えていきますが、クライアントさんはあなたのプロフィール欄を見て採用するので、「Webライター」の資格があったほうが断然有利なのです。

▼ Webライターの資格をとる方法は下記の2つ

生涯学習のユーキャン「Webライター講座」
  • 費用はかかるが1ヶ月で取得可能
  • 動画・ワーク・添削の3ステップ
  • 講師からの添削フィードバックあり
クラウドワークス「Webライター検定3級」
  • 無料の講義動画がある
  • 受験料は無料
  • 合格率は5%程度の難関
  • オンライン上で回答後合否がすぐわかる
  • フィードバックは無い
  • クラウドワークスに登録すれば誰でも受けられる

「Webライター検定3級」合格までの道のり

最後に/まとめ

今回は、「Webライターなんてやめとけ?私60才Webライターですが何か?」と題して、以下のとおり解説しました。

Webライターをやってみて感じたこと
  • Webライティングは「時代の仕事」
  • 自分の経験を活かせる
  • Webライターには年齢制限がない
  • 好きな時間と場所で仕事ができる
  • ブログ作成に役立つ
  • 「会話力」が上がる
  • 子供に作文を教えられる
  • やればやるほど実力がついてくる
  • 回りからも評価される
Webライターに向いている人
  • 家にいるのが好き
  • 本を読むことが好き
  • パソコン作業が好き
  • 一人でいることが苦痛ではない
【初心者】Webライターの始め方
  • 「クラウドワークス」と「ランサーズ」に登録して短文の仕事からやってみる
  • 「Webライター講座」で資格を取ってアピールすると仕事がもらいやすい

くり返しになりますが、これからの時代Webライターの資格は立派な収入源になります。今のうちに取得してしまえばずっと使える武器になりますよ。

悩んでいる時間がもったいない。早速トライしてみましょう!

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました