通販生活「しろめき」と「黄金まゆの絹粉」だけで作る若見え肌

カタログハウス

nekoasiさんて肌きれいですけどファンデーションは何使ってるんですか?

nekoasi<br>(50代後半)
nekoasi
(50代後半)

ファンデーションは付けてないのよ~。私の歳になるとつけないほうが若く見える気がして..

そうなんです!シミもいっぱいあるし目の周りもくすんでるけど、ファンデーションで隠そうとすると、シワに入り込んだりたるみも目立って余計老けて見えてしまうんです。

今回は、通販生活の「しろめき」と「黄金まゆの絹粉(旧称:金の絹粉)」を使って、私が普段している超簡単若見えメイクをご紹介します。

ほんとにシンプルなので物足りないかもしれませんが、是非参考にしてください。

この記事を書いた人
  • 化粧品検定3級取得
  • 化粧品アドバイザー経験4年
  • 通販生活愛用者

超簡単若見えメイクの流れ

私が普段しているメイクです。あまり色をつけすぎると「いたい」感じになっちゃうのでこれだけです。

  • ステップ①
    化粧水と乳液で肌を整える
  • ステップ②
    UVカットスキンケア下地「しろめき」をつける
  • ステップ③
    UVカットシルクパウダー「黄金まゆの絹粉」で軽く押さえる
  • ステップ④
    まつげをビューラーで上げてマスカラをつける
  • ステップ⑤
    上まつげの生え際にアイラインを打つ
  • ステップ⑥
    ほんのりチークをつける
  • ステップ⑦
    色付きリップをつける

    おわり

若く見える肌づくりに欠かせないコスメ

通販生活 UVカットスキンケア下地「しろめき」

「しろめき」は化粧水・美容液・日焼け止め・補正下地の4役を兼ね備えた、乳液状の日焼け止めですが、私は超乾燥肌で水分が欲しいので、化粧水と軽く乳液をつけてから「しろめき」をつけています

「しろめき」のおすすめポイント
  • ポンポンと叩きながら肌に押し込むようにつけるとハリが出る
  • うすくピンク色がついているので、色ムラがカバーできる
  • ほんのりバラのいい香りがする
  • 石鹸で落ちる
▼詳細はこちらから
UVカットスキンケア下地「しろめき」
UVカットスキンケア下地「しろめき」 くすみの晴れたしっとり肌をお望みなら、「毎朝、洗顔後にこの下地を塗る」を習慣化してください。SPF30、PA++のカット力で生活紫外線をブロック。化粧水、美容液要らずの保湿力も自慢です。

UVカットシルクパウダー「黄金まゆの絹粉」

UVカットシルクパウダー「黄金まゆの絹粉」はおしろいです。ファンデーションではありません。

色は2色あり、私は「薄桃色」を使っていますが、正直、どちらもそれほど違いはありません。

「ベージュ」のほうが若干ファンデーションに近い色なので、肌色によっては「ベージュ」のほうがカバー力があるかもしれませんが、私は「ピンクっぽい」色が好きなので「薄桃色」を買っています。

SPF50なので、しっかり首にもつけると良いですよ。

また、容器に入っているパフが肉厚で付属品とは思えません。ふわふわして肌当たりもすごくいいですよ。

「黄金まゆの絹粉」のおすすめポイント
  • 粉の粒子が細かいので肌にすぐ馴染む
  • 粉なのにツヤがある
  • 乾燥せずしっとりする(素肌でいるより付けていたほうが乾燥しない)
▼詳細はこちらから
UVカットシルクパウダー「黄金まゆの絹粉」
UVカットシルクパウダー「黄金まゆの絹粉」 60%が黄金シルクの希少UVカットパウダー。夕方までしっとりサラサラ絹肌が続く。UVカット力最高値なのに“素肌感覚”。こってり重い日焼け止めクリームやファンデにはもう戻れなくなるはずです。

SPF値とは

  • UVカットスキンケア下地「しろめき」は、SPF30 PA++(ツープラス)
  • UVカットシルクパウダー「黄金まゆの絹粉」は、SPF50 PA++++(フォープラス)

とありますが、その意味を説明します。

SPFは、紫外線B波(UVB)を防ぐ指標で、いわゆる肌が赤くなる日やけを防ぎます。数字が高いほど効果がありますが日本で販売されている最高値は50です。

PAは、肌の奥深くまで到達する紫外線A波(UVA)を防ぐ指標で、シミやしわの発生を防ぐ効果があります。+の数が多いほど効果が高いです(最高はフォープラス)

だったら「しろめき」もSPF50にすればいいじゃないかと思いがちですが、紫外線カットの成分を高めることで、保湿成分が少なくなったり肌への負担も増えたりします。

炎天下で一日中外にいるという場合を除きSPF30で充分です。(絹粉はパウダーなので負担にならない)

つまり、「しろめき」と「黄金まゆの絹粉」を合わせて使うことで肌への負担が少なく、かつUVカットの効果もバッチリというわけです。

「クリニーク ラッシュパワー マスカラ」

目を大きく見せるのは「まつげ」です。アイシャドウではありません。

  1. ビューラーでしっかりまつげを上げる
  2. マスカラをつける
  3. アイラインを打つ

アイメイクはこれだけです。

私が使っているマスカラはこれ。デパコスからプチプラまで何十本とマスカラを使ってきましたが、結局これに戻ってきます。

ふわふわ~っと鳥の羽根のように軽く上がって下がりにくいです。

51~60才
51~60才

もう何年もリピートしてます。 にじまずに睫毛にも優しいようです。 お湯で落ちやすくて結局リピートしつづけてる商品です。ボリュームとかでなくナチュラルに仕上がります。

41~50才
41~50才

何度もリピートしています。 ビュラーせずに長いまつ毛が好きなのでスッキリ長くなるこちらが合っています。 パンダにならず、お湯でするする落ちるので助かっています。しばらく浮気はしないです。

「クリニーク クリーム シェイパー フォー アイ」

マスカラでしっかりまつげを上げたら、まつげのスキマを埋めるようにアイラインで塗りつぶすと「目がぱっちり大きく」見えます。

やわらかくて書きやすいのに滲まないという優れもので、アイライナー何年もこれ一択です。

60代
60代

奥目で目立たないので、アイライナーは必須です。 いつも、こちらのライナーを使用しています。 にじまないのに、普通のお化粧落しで大丈夫なので好きです。

41~50才
41~50才

非常に描きやすいです。柔らかいから肌に負担なくていいと思います。ずっとシャネルのアイラインを使っていましたが柔らかさは変わらない感じ。お安いからこちらにウワキします。

「クリニークチークポップ」

最近はほとんどマスク生活なので従来のチークの使い方ではなく、「色のついたおしろい」的な発想で、目の下あたりのくすんだあたりにつけて、色ムラをごまかしています。

私の愛用品はこれ。ちなみに色は「15 パンジーポップ」ですが、人気色のためなかなか手に入らないようですよ。

51~60才
51~60才

もう、このパンジーポップは、3回位リピートしています。肌馴染みの良い色で気に入っています。 お勧めです。 

ラシャスリップス

最後にリップをちゃちゃっと塗って終わりです。

このリップは「塗るヒアルロン酸」とも言われ、50代のしょぼくれた唇をふっくらさせてくれます。塗るとスースーするやつです。

カラーがたくさんあって迷いますが50代~は唇の色もくすんでいるので、少し色味がついているほうがオススメです。

54才
54才

かなりスースーするのが面白いですね。塗れば、50代でもふっくらうるうる唇に。PK328を愛用しています。花が咲いたみたいに、顔色が明るくなります。

しろめきと黄金まゆの絹粉に「お試し品」はあるの?

どちらも「お試し用」として容量の少ない商品は作っていません。

その変わり定期購入すれば「初回が半額」になるので、実質「お試し価格」として購入することができます。

「定期で買うと止めるのが面倒なのよね~」という方も、アプリで簡単に中止や延期ができるので安心してくださいね。

最後に/まとめ

通販生活コスメカタログ「スロワージュ」

今回は『通販生活「しろめき」と「黄金まゆの絹粉」だけで作る若見え肌』と題して、私が普段している超簡単メイクをご紹介しました。

ファンデーションをつけたほうがシミや色むらは隠せるのかもしれないけど、残念ながら年齢を重ねると化粧をすればするほど粗が目立ちます。

是非「しろめき」&「黄金まゆの絹粉で透明感のある若々しい肌づくりに挑戦してみてください!

「たるみ」に本当に効果のあった化粧品はこちら

ご意見・ご感想おまちしております

タイトルとURLをコピーしました