50代60代ファッションのお手本!大人可愛いコーディネートのコツ

美容
記事内に広告が含まれています。

最近、着られる洋服が少なくなってきた…
なるべく人と被らないおしゃれがしたい…

50代60代は、体型もそれなりに変化しているから着られるものが限られてきますよね。

とはいえ、ポイントを押さえれば、おしゃれで洗練された着こなしができるのも大人だからこそ!

今回は、50代60代女性向けのおしゃれなコーディネート術についてご紹介します。

女性にとっておしゃれは生きがいと同じ。年齢に合ったスタイリングのヒントやアイデアを参考に、自分らしさを表現する素敵なファッションを楽しみましょう!

スポンサーリンク

50代からの着こなし方のコツ

素材にこだわる

50才をすぎると、肌の変化や体の動きも若い頃とは違ってくるので、動きやすさも考慮しなければなりません。

そのために大事なのが素材とデザイン。天然素材や柔らかい質感のものを選ぶことで動きやすく、かつ上品な優しいシルエットを演出することができます。

また、体に密着しないデザインを選ぶことで体型もカバーしてくれるので一石二鳥ですよ。

<コーディネート例>

シンプルだけど素材の良さが際立つデザイン。とろみのある素材で適度にゆとりもあり「体の線が出ない」のもうれしい

色使いを工夫をする

50代以降のファッションは、色使いを工夫することで上品さを演出したり、逆に元気で華やかな印象を作るのに効果的です。

トーンを統一する 

大人のファッションはカラーを多くても3色程度に収めるといいでしょう。なぜならトーンを統一したほうがスタイルをスラっと見せる効果があるからです。

50代以降のおしゃれは「いかにスタイルを良く見せるか」なので、積極的に使いたいコーディネート術です。

<コーディネート例>

ブルーは年代問わず人気色。ブルー&ホワイトで組み合わせ、ブラックで適度に締めることで統一感が出ていますね。お腹周りもスッキリ。

<コーディネート例>

ラベンダーとアイボリーの組み合わせが上品で優しい雰囲気。また、下半身に重心を置くコーディネートは、バストが大きくて目立たせたくないという方にもおすすめの方法です。

淡い色を使う

50代60代は淡いカラーが似合うお年頃。淡い色は顔の表情を優しく見せてくれる効果があります。

特にクリーム色やサーモンピンク、ミントグリーンなどは、どなたでも似合いやすいカラー。

ただし「真っ白」は、逆に顔のくすみを目立たせてしまうことがあるので、「生成」や「アイボリー」を選んだほうが良いでしょう。

<コーディネート例>

淡いパープルとブラックと合わせることでこんなに上品でかつおしゃれ感が。トップスの「ボートネック」は適度に首周りを隠してくれるので、50代以降のおしゃれに取り入れたいデザインです。

トレンドカラーを取り入れる

ベーシックカラーに加えて、トレンドのカラーを取り入れることで、コーディネートに華やかさやアクセントを加えることができます。

<コーディネート例>

グリーンは2023年のトレンドカラーで50代でも似合うカラーの一つ。きれいな色を目立たせたいのでボトムの色は控えめにしましょう。

<コーディネート例>

ビビッドなピンクも定番の黒と合わせることで品よく、かつ行動的な印象を与えます。このブラウスのように後ろ見ごろが長いデザインは、お腹周りはすっきり、お尻はすっぽり隠れるので体型カバーもバッチリ。

アクセサリーや小物で個性を加える

アクセサリーは、シンプルなコーディネートに個性や華やかさをプラスするのに最適なアイテムです。例えば、大ぶりのネックレスやイヤリング、スタイリッシュな時計とか。

また、シルエットに変化をつけるために、ベルトやウエストポーチ、バッグなどの小物を活用するのも良いアイデアです。

肌を隠す

50代60代になると体型だけでなく、シミが濃くなった肌や筋肉が衰えてタプタプした二の腕、首のしわなど、肌の老化が目立ってきます。

半袖であっても長めの袖のものを選ぶ、首回りが空きすぎないものを選ぶなど、肌を露出しない服を心がけると「品のいい」おしゃれができます。

首周りをすっきり見せる「ボートネック」もおすすめですよ。

レイヤードスタイルを楽しむ

レイヤードスタイルとは、「重ね着」をする定番のファッションスタイルのこと。 特に寒暖の差がある季節には、レイヤードスタイルを取り入れると便利です。

例えば、シャツやブラウスの上にカーディガンやジャケットを羽織るなど、異なるアイテムを組み合わせることで、よりおしゃれな印象を演出することができます。

下に着るアイテムをしっかり「見せる」のがトレンド!

<コーディネート例>

ロングカーディガンで縦長ラインを協調すれば、ウエストやお尻周りもスッキリ。中にワンピースを着ても素敵!

シンプルでクラシックなアイテムを取り入れる

シンプルでクラシックなアイテムは、時代を超えて愛されているファッションの基本。

例えば、きちんとしたシャツやブラウス、テーラードジャケット、タイトなパンツなどは、50代以上の女性にとっても素敵な選択肢です。これらのアイテムを組み合わせることで、上品で洗練された印象を演出することができます。

スポンサーリンク

ファッションのお手本にしたい50代60代芸能人

「こんな風になりたいな…」と思う人のファッションを真似するのもおしゃれの近道です。おしゃれで定評のある芸能人の方々をご紹介しましょう。

香坂みゆきさん:1963年2月7日 (60歳)

ペールグリーンのシャツとパンツのコーデ、素敵ですよね。メッシュを入れたショートヘアもおしゃれ度アップ!

浅田美代子さん:1956年2月15日(67歳)

お友達の清水ミチコさんと中園ミホ(脚本家)さんとのショット。上下ブラックだけどデザインと素材がおしゃれだから華やか。大きめのイヤリングも効いてますね。

石田ゆり子さん: 1969年10月3日(53歳)

ロングのデニム、可愛くないですか~!マキシ丈は50代60代にもおすすめの長さです。

黒木瞳さん:1960年10月5日(62歳)

肌色に近いピンクは顔映りが良く、優しい雰囲気を演出するのに最適なカラー。スカートの丈がわかりませんが、50代以降は、膝が隠れる長さがおすすめです。

50代60代におすすめのファッションブランド

私が愛用しているファッションブランドを3つご紹介します。

kinarina(キナリナ)

通販では売っていないような個性的かつ上品なものが多く、値段も手ごろなのでよく利用するお店。「人と被らないおしゃれをしたいけど、目立ちすぎるのも嫌」という方にはピッタリのブランドです。

公式サイト:大人ファッションショップ[kinarina(キナリナ)]

ONWARD CROSSET(オンワードクローゼット)

その名の通り、株式会社「オンワード樫山」のファッションブランド。『23区』『ICB(アイ・シー・ビー)』『自由区』『J.プレス』『五大陸』などはすべて同社のブランドです。

シンプルでクラシックなアイテムは、少々値が張っても質のいい物のほうがシルエットもきれいですよ。

公式サイト:オンワード・クローゼット

オンワード・クローゼット

ユニクロ

もはや説明不要のユニクロ。シンプルなデザインが多いから、不思議と年代を選ばず着用できるのが魅力です。

店舗に行くこともあるけど、最近はすっかり「ユニクロオンラインストア」のお世話になっています。

公式サイト:ユニクロオンラインショップ

まとめ

50代からの着こなし方のコツ
  • 素材にこだわる
  • 色使いを工夫する
  • アクセサリーや小物で個性を加える
  • レイヤードスタイルを楽しむ
  • シンプルでクラシックなアイテムを取り入れる
  • 体型カバーを意識する

50代60代女性のおしゃれなコーディネート術を考える際には、自身の魅力を引き立たせながらも快適さと上品さを追求することが重要です。

シンプルでクラシックなアイテムや適切な色使い、素材選びに加えて、アクセサリーやレイヤードスタイル、適切なシルエットの選択など、自分自身のスタイルを楽しみながら自信と魅力を持って日々のファッションを楽しんでくださいね。

\ 大人可愛いコーデがたくさん /
タイトルとURLをコピーしました